よくあるご質問

製品の特長について

HAPPY CATは、新鮮で高品質な天然の原材料を厳選し、健康な身体作りに必要な栄養素を愛猫が効率よく吸収出来る様レシピにも気を使っています。肉食動物である猫の健康に最適なタンパク質源である肉や魚をふんだんに使用し、エネルギー源となる消化しやすい穀物や野菜、オメガ3脂肪酸を豊富に含む亜麻仁、関節の健康に欠かせない緑イ貝、ペクチン豊富なりんご、腸内環境や体調を健康に整える各種ハーブや植物オイルなどの厳選した天然の食材、健康な身体の維持に欠かせないビタミン、ミネラルを、理想的なバランスで配合し、HAPPY CATだけのオリジナルレシピで美味しく調理しています。

HAPPY CATの「コンプリートフード」は、愛猫の健康な毎日の主食として、給与量目安を参考に給餌することで健康を維持できるよう最適に設計された栄養バランスのフードで、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の定める栄養基準を満たしています。一般的に、AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たすものを「総合栄養食」と称しますが、HAPPY CATはドイツ製ですので、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の基準を採用しています。愛猫が必要とする栄養基準を満たした、毎日の主要な食事として与えるためのフードという意味で「総合栄養食」と同等の表現と言えます。

HAPPY CAT製品は、カルシウム、マグネシウム、リン、ナトリウムのバランスを調整し、尿を酸性化する作用のある必須アミノ酸であるDL-メチオニンを配合することで、尿のpH値が6.0~6.5となるよう目指しています。ストラバイト結石だけでなく、シュウ酸カルシウム結石の予防にも配慮したpH値です。

All In Oneコンセプトのページをご覧ください。

原材料について

原材料となるチキンやラム、鴨肉やウサギ肉などの人間の食用に適した生肉を種類別に分け、乾燥させて細かく砕き、粉状(乾燥ミール)にしたものです。副産物ミールは一切使用しておりません。

「ミートミール」「グリーブス(脱脂ハラミ肉)」の原材料には、牛と豚のハラミ肉を概ね75%と25%の割合で使用しております。生肉だけでなくハラミ(内臓)肉も加えることで、ビタミンA、セレン、亜鉛を豊富に含むほか、リンとカルシウムのバランスが良く、栄養豊富で消化吸収に優れた良質の動物性タンパク質源となります。「グリーブス(脱脂ハラミ肉)」は、「ミートミール」と同じ原材料を脱脂し乾燥させたものです。

HAPPY CATのドライフードは、水分をほとんど含まない乾燥ミール(○○プロテイン)を使用しています。そして、乾燥ミール(○○プロテイン)が粗タンパク質量全体に占める割合はおよそ90%です。つまり、保証成分として記載されている粗タンパク質量のほとんどが動物由来成分ということです。

ドイツを中心としたEU圏内から調達したポーク、チキン、ターキーのレバーを使用して酵素分解しています。分解過程での薬品や科学的な物質の使用はございません。

ドイツを中心としたEU圏内から調達したチキンとターキーを使用しています。

ドイツを中心としたEU圏内から調達したチキンとターキーを使用しています。

ドイツを中心としたEU圏内から調達したビーフとポークを使用しています。

EU圏内の海域で持続可能な漁業によって水揚げされた魚を使用しています。

EU圏内の海域で養殖されたアトランティックサーモンを使用しています。 

HAPPY CAT製品は、肉、野菜、果物など天然の原材料を使用しているため、使用する原材料の収穫時期や産地、生産者に由来する色調や形状の微細な差異が最終製品の粒のばらつきとして現れる場合がございます。また、原材料は細かく粉砕、調合して生地の状態にし、エクストルーダー(押出成形機)という機械を使用して高温高圧で押し出して形成しますが、原材料に由来する生地の状態により膨張しやすい、しにくいといったばらつきが生じる場合がございます。また、押出口の金型の磨耗状態によっても微小なばらつきが生じる場合もございます。なお、これらのばらつきについては、製品の品質、栄養価に影響を与えるものではございません。

遺伝子組換えされた作物は一切使用していません。

ペットフードの製造に使用される原材料はすべて人間の消費に適合するものでなければならないという規則があります(EU1774/2002およびEU1069/2009)。また、規則内では原材料に使用してよい部位やその加熱処理方法まで厳密に規定されており、全ての基準を満たすもののみがペットフードの原材料として使用されます。

www.eur-lex.europa.eu 

ドイツ、オルガニック加工農産物試験協会(Prüfverein e.V.)によるオーガニック認証を受けております。

タウリンが不足すると目の障害や心臓の疾患を引き起こすことがあり、生きていく上でとても大切な成分です。猫は体内でタウリンを合成することができないので食事で補ってあげる必要があります。

フードの選び方について

原因不明の皮膚炎や消化不良が続く場合、特定のタンパク質にアレルギーがある可能性があります。まずは獣医師の診断を受けましょう。

センシティブ シリーズは、厳選した肉や魚を1種類、もしくは2種類のみ使用したレシピですので、特定の肉にアレルギーがあることがわかっている愛猫はもちろん、アレルギーが疑われる愛猫にもおすすめです。

  • 厳選した肉1種類のレシピ:

   ビオ ゲフルーゲル(オーガニックチキン)

   エンテ(鴨)

  • 厳選した肉や魚2種類のレシピ:

   グレインフリー シーフィッシュ(チキン&シーフィッシュ)

   グレインフリー カニンヘン(ラビット&ビーフ)

   グレインフリー レンティア(トナカイ&ビーフ) 

  • 鶏・魚不使用のレシピ:

   グレインフリー カニンヘン(ラビット&ビーフ)

   グレインフリー レンティア(トナカイ&ビーフ)

原因不明の皮膚炎や消化不良が続く場合、穀物アレルギーが疑われる場合もあります。まずは獣医師の診断を受けましょう。穀物アレルギーと診断された場合は、センシティブ シリーズの「グレインフリー ジュニア」「グレインフリー シーフィッシュ(チキン&シーフィッシュ)」「グレインフリー カニンヘン(ラビット&ビーフ)」「グレインフリー レンティア(トナカイ&ビーフ)」をお試しください。これらのフードは、穀物アレルギーの愛猫に配慮して穀物を一切使用せずに調理したレシピです。

猫はもともと砂漠の動物なので尿が非常に濃厚になることがあり、このため尿石が形成されやすいのです。HAPPY CAT製品は、カルシウム、マグネシウム、リン、ナトリウムのバランスを調整し、尿を酸性化する作用のある必須アミノ酸であるDL-メチオニンを配合することで、尿のpHレベルが中性になる様に目指したレシピで、尿石の形成抑制に配慮しています。また、水はたっぷり与えるようにしましょう。可能であれば水を入れた容器を家の中に何ヵ所か置いてください。尿石が形成されやすい猫は、どのように予防策を講じても発症することがありますので、注意を怠らないことが大切です。

愛猫の健康な皮膚と艶やかな被毛を保つには、良質な原材料を厳選し、健康な身体作りに必要な栄養素がバランスよく配合されている高品質のフードが良いでしょう。HAPPY CATは、新鮮な肉や魚をふんだんに使用し、食物繊維が豊富で消化しやすい良質なエネルギー源となる野菜や果物、腸内環境や体調を整える各種ハーブや植物オイルなどを理想的なバランスで配合したレシピでおなかの中から綺麗にしてくれるので、愛猫の皮膚や被毛を健康で美しく保つのに理想的です。

長毛種の猫は、毛繕いをするとき、短毛種の猫よりも多くの毛を飲み込んでしまいます。毛がべたついていると更にもつれやすくなります。HAPPY CATは、愛猫の健康で輝く被毛を保つのに最適なオメガ3、オメガ6脂肪酸をバランスよく含むほか、ヘアボールの形成を予防する天然のセルロース繊維を配合しており、長毛種の被毛ケアに理想的です。飼い主様の愛情溢れるブラッシングと組み合わせれば、健康でベルベットの様に艶やかに光り輝く被毛の維持に最適です。

ドライフードの粒をよく噛むことで、歯垢の付着を抑制することができます。また、大きな粒をよく噛むと、歯周組織が丈夫になり、歯が抜けにくくなります。ウェットフードが好きな愛猫には、HAPPY CATをウェットフードに混ぜてあげても良いでしょう。 「ラージブリード」や「フォアアルペン-リンド(バイエルン産ビーフ)」は、噛み応えのある大きな粒形状をしており、デンタルケアに特におすすめです。

愛猫の年齢が上がるにつれ、身体に優しいフードをあげるように心がけましょう。10歳以上のシニア猫には、「ベストエイジ10+」がおすすめです。加齢による代謝の衰えや、内臓機能の低下に配慮して、タンパク質、ナトリウム、リンを控えめに、関節の健康に配慮して、栄養価が高く関節の健康に良いグルコサミン・コンドロイチンを豊富に含む緑イ貝を加えたレシピです。

グレインフリー カニンヘン(ラビット&ビーフ)」 「グレインフリー レンティア(トナカイ&ビーフ)」も脂肪分控えめで、成猫からシニア猫まで対応しています。適切なフードで、愛猫の健康な毎日が長く続くようサポートしましょう。

肥満気味の愛猫には、脂肪分8.5%の「ライト」がおすすめです。高タンパク、低脂肪のレシピで、摂取カロリーは控えつつ、丈夫な身体づくりに必要なタンパク質はしっかり取れるので、肥満気味の愛猫の体重コントロールに最適なレシピです。

高齢であまり動かず肥満が心配なシニア猫の体重コントロールには、脂肪分8.5%の「ライト」を「ベストエイジ10+」に混ぜてあげるのも良いでしょう。

避妊・去勢猫用の「ステアライズド」は、豊富に含まれる食物繊維が無理なく食欲を満たし満腹感を持続させるので、食べすぎてしまう愛猫におすすめです。

HAPPY CAT製品は全て、良質な肉や魚に、食物繊維が豊富で整腸作用のある野菜や果物、腸内環境を整えて消化を助け、代謝を促進してくれるハーブなどの厳選した天然の食材を組み合わせた、おなかに優しいレシピなので、おなかの弱い愛猫にも安心です。その中でも、ラム肉を使用した「ワイデラム(牧畜のラム)」は、特におなかに優しいフードとして人気があるレシピです。しかしながら、消化器系のトラブルはさまざまな原因で起こるので、フードを変えても症状が改善されない場合は、獣医師に相談されることをおすすめします。獣医師の診断がつけば、愛猫のための適切なフードが探しやすくなります。また、一般的に言えることとして、適切なフードが見つかったら、不必要にあれこれ試すことはやめた方がよいでしょう。

食物アレルゲンの大部分は食物に含まれるタンパク質です。HAPPY CAT製品で使用している「ポルトリー脂肪」は、アレルギー反応の主な原因となるタンパク質を除去しているので、鶏肉アレルギーの心配をする必要はないという見解ですが、気になる様であればまずは少量からお試しください。

愛猫にぴったりのフードを選ぶには、愛猫の体格や体質、生活環境などをよく観察することが大切です。体重管理が必要なのか、アレルギーがあるか、下痢をしやすいか、何歳か、運動量が豊富なのか等、それぞれの愛猫の個性やニーズにあわせたフードを選ぶことを心がけましょう。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。フード選びのお手伝いをさせていただきます。

フードの与え方について

食の好みが難しい愛猫のために、HAPPY CATはバラエティ豊富なレシピで対応しています。1種類ではあまり食べない愛猫には、HAPPY CATの2、3種類のレシピを混ぜてあげてみてもいいでしょう。異なる風味のレシピを混ぜてあげることで嗜好性が高まります。子猫用やシニア猫用のレシピをHAPPY CATのその他の成猫用レシピに混ぜて成猫に与えても問題ありません。その場合は、愛猫の状態を見ながら給与量を調整してください。

フードの給与量はあくまでも目安です。適量は、愛猫の活動量や、代謝によっても異なります。もし愛猫が肥満気味の場合は、低脂肪のレシピであっても量を控えます。反対に痩せていて活動的な愛猫には多めにあげても大丈夫です。HAPPY CATは高品質で消化しやすい原材料を使用しており、消化吸収率は90%なので、少なめの給餌量でも問題ありません。

通常、猫は約9~12ヶ月で成猫になります。子猫用レシピの「ジュニア」「グレインフリー ジュニア」を与えるのは12ヶ月頃までとし、それ以降は、HAPPY CATの成猫用レシピに切り替えましょう。子猫用レシピは、特に栄養豊富で高カロリーなので、ちょっと太目になってしまったなどの事情があれば、早めに成猫用レシピに切り替えても大丈夫です。大型種の中には、成熟するまでに4年程かかる猫種もいるので、そういった猫種は切り替え時期の調整が必要になります。

いつものフードに新しいフードを少しずつ加えるようにして、ゆっくり慣らしていってください。少なくとも3~4日くらい日にちをかけて慣らしていくのが理想的です。 成長期の愛猫、高齢の愛猫やおなかの弱い愛猫には、1~2週間の期間をかけてさらにゆっくり慣らしていきます。

品質管理について

HAPPY CAT製品は全て、ドイツ、バイエルン州ヴェーリンゲンにあるInterquell社の自社工場で製造しています。

HACCP(ハサップまたはハセップ)の基準を導入した自社工場で、人間の食品規格に適合する安全でクオリティーの高い製品の製造を行っています。また、工場内に併設された自社ラボにて専属研究員による原材料および最終製品の分析を行っているほか、IfU-LAT GmbH (外部の食品分析センター)でも定期的な検査を実施しています。

ドイツから日本へは船便を利用し約40日間かけて輸送しています。日本到着後は定温倉庫にて保管しております。

その他

ワールドプレミアム株式会社を日本輸入総代理店として、2013年より日本での取扱を開始しました。

製品一覧

HAPPY CATスプリーム

健康を維持したい猫用コンプリートフード

HAPPY CATセンシティブ

グルメで敏感な猫用コンプリートフード

HAPPY CAT食事療法食

慢性腎不全の愛猫のケアにドイツの獣医師がお勧め